紫外線正しい日焼け止めの選び方 - 群馬玉村町I's(アイズ) 40代からの疲れを癒やしサポートする大人女性の隠れ家サロン

エステティシャン
     温かな手のぬくもり
 オールハンドのマッサージが自慢です!

     緑に包まれた癒しサロンで自分ひとりだけの
     至福の時間を満喫してはいかがでしょうか・・・♪


         アイズサロンのHPはこちら!

        ホワイトニングブログはこちら

紫外線正しい日焼け止めの選び方


日焼け止めは1年を通して紫外線対策には外せないものですが
特に、これからの季節は絶対欠かすことのできない必需品です。


UV.jpg


紫外線正しい日焼け止めの選び方☆

◎ SPFとPAの意味
 
 SPFは、UVB防止効果の程度を「数値」で表したもの。
 
 (UVBとは、肌の表面で吸収される紫外線。火傷のように赤くなったり、
 色素が沈着して褐色になったり、シミの原因となるもの)
  
 
 肌が赤くなる日焼けが起きるまでの時間の平均時間20分を
 日焼け止めを塗ることで何倍まで伸ばすことが出来るのか?
 を数値化したものです。
  
例えば、SPF20なら、20分×20=400分(約6時間)防げるということです。

 
 PAは、UVA防止効果の程度を記号で表したもの。

 「PA+」は生活紫外線対策
 「PA++」は屋外活動対策
 「PA+++」は長時間の屋外活動に対応したものなので、
        用途に合わせて選ぶと良いですね。


◎ 数値が高ければ良い?

  
効果の強い日焼け止めほど、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が
多く配合されています。紫外線から肌を守る上で大切な成分ですが、
肌への負担を考えると、数値の高さだけで良し悪しを判断することは出来ません。


◎ 数値から見た選び方の基準
  
◆散歩・買い物・子供の送り迎え
   SPF10
   PA+
  
◆屋外での軽いスポーツやレジャー等
   SPF20
   PA++
  
◆屋外での激しいスポーツやリゾート、マリンスポーツ
   SPF40
   PA+++


◎ 塗り方も大事
  
伸びが良いとついつい擦りすぎてしまう方が多いようです。
まずは、手にとったものを少しずつ肌に置きそれをムラなく優しく
伸ばしてください。
  
数値が高いものを一度塗り・・・よりも
日中付け直す頻度を上げた方が日焼け止め効果も高いですし、
お肌にも優しいです。




にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです