更年期障害はなぜ起きる? - 群馬玉村町I's(アイズ) 40代からの疲れを癒やしサポートする大人女性の隠れ家サロン

エステティシャン
     温かな手のぬくもり
 オールハンドのマッサージが自慢です!

     緑に包まれた癒しサロンで自分ひとりだけの
     至福の時間を満喫してはいかがでしょうか・・・♪


         アイズサロンのHPはこちら!

        ホワイトニングブログはこちら

更年期障害はなぜ起きる?

【更年期障害はなぜ起きる?】


サロンにご来店されるお客様のお悩みで多いのが更年期の不快症状です。

女性は 50 歳前後に閉経を迎えますが、その前後約 10 年間を更年期といいます。
更年期にはのぼせ、ほてり、イライラやうつ症状、肩こり、疲労感、手足の冷えなど、
体と精神の両方に様々な症状が現れます。

症状やその強弱は人によって様々で、ひどい場合には治療が必要だったりします。

f0206316_12115984[1]


この時期は栄養を消費する能力や蓄える能力が減退するために、
エネルギーの過剰摂取や栄養欠乏状態になることがあります。

きちんとした食習慣や生活習慣を見直すことが大切です。

ホルモンをつくる臓器のコントロールタワーといってもよい、脳下垂体が
老化して、命令ホルモンの分泌が弱まってくるとすべての臓器のホルモン
分泌のバランスが崩れてきます。


更年期障害はその代表的なもので、脳下垂体の老化から起こる
女性ホルモンの分泌の乱れによる状態です。


この脳下垂体の老化は、ストレスや精神労働などが一つの原因ですが
栄養、酸素が十分に補給されないことも大きな原因といえます。

現代の医学ではホルモン異常はそのホルモンを分泌している臓器の異常
として判断し治療します。

更年期障害も女性の老化だから大なり小なり誰でもあること、と軽く処理
されるべきではないのです。脳下垂体を活性化することによって、多くの
ホルモン異常と同様、更年期障害の原因を解決することもできるのです。


更年期障害の原因を解決する方法はまた次回に。

絵




応援してね↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです