癒しサロン☆神聖な場所 - 群馬玉村町I's(アイズ) 40代からの疲れを癒やしサポートする大人女性の隠れ家サロン

エステティシャン
     温かな手のぬくもり
 オールハンドのマッサージが自慢です!

     緑に包まれた癒しサロンで自分ひとりだけの
     至福の時間を満喫してはいかがでしょうか・・・♪


         アイズサロンのHPはこちら!

        ホワイトニングブログはこちら

癒しサロン☆神聖な場所


癒しサロンアイズは神聖な場所にあります。

というのはサロンが「玉村」の地名の起源になったとの

伝説のある碧玉をまつる寺院のすぐ近くにあるからです。


案内寺_copy


寺庭_copy

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昔、天慶年間(938-46)庄の地頭に美しい娘がいたが錦野の里

(今の玉村を中心とした滝川・上陽の一部・芝根等の総称)

の若者と相思相愛 の仲になった。


彼女の美貌が将門の権に媚びる土豪の目にとまり、彼女を将門の待妾に送ろうと

企まれた。 親の地頭はそれとさとり、娘をひそかに若者の許に走らせた。

すると土豪の追手が大勢錦野の中を流れる矢川のほとりでこれを捕らえようとした。

娘は進退きまわり、矢川の急流に身を躍られて自らの命を断った。

この時急を救おうとかけつけた若者も後を追って同じ矢川に身を投げて死んだ。

その後、この川の流れに二つの光る碧玉がしばしば漂うのが見えた。

村人は考えた。

この娘はきっと「龍人」の変化で、玉は「龍人のあぎとにある玉精であろう」 と、

そこで二人の霊を慰めようと玉を近戸大明神に祀った。

後、矢川は年々の洪水で川幅が広がり明神は移り、利根川の大洪水で龍神が現れ、

碧玉の1つを奪って行った。残る一つは今の満福寺に奉ってある。

しかし、その後も洪水がよく起こったため、新たに新田村(上新田・下新田)

をつくった。龍の玉によりできた村であるため、玉村と呼ぶようになった。

現在、満福寺に碧玉が入っているといわれる黒塗りの二重の箱が伝わるが、

見ると失明するといわれ、まだ誰も見たことがない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アイズサロンの庭の南には満福寺の墓地があり

サロン塀から墓石のあたまが少し見えたりするので

気になさる方もいるかと思いますが位置的には寺院と

挟まれた神聖な場所あるサロンは、とても守られた

良い場所なのだそうです^^


サロン空間は南国風なので私は目の前が「海」で

あってほしかったなぁ~。

なんてことを思う(^_^;)のですがとても静かな場所に

位置していることはお客様にはゆっくりとリラックス

していただけるので素敵なことだなぁ~と

思ってはいます^^



サロン庭4_copy


年末は12/29日まで営業いたします。

今年一年のお疲れを癒し、新しい年を気持ちよく迎える

ご準備にぜひご来店をお待ち致しております♪





応援してね↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://aizusalon.blog.fc2.com/tb.php/384-d3592a3c